ホーム秋のレシピ >サツマイモとカボチャの豆乳ポタージュ 〜ゆず一味の香り〜

秋のレシピ 5

サツマイモとカボチャの豆乳ポタージュ 〜ゆず一味の香り〜



サツマイモとカボチャの豆乳ポタージュ 〜ゆず一味の香り〜 サツマイモとカボチャの豆乳ポタージュ 〜ゆず一味の香り〜 サツマイモとカボチャの豆乳ポタージュ 〜ゆず一味の香り〜

材料

・サツマイモ200g
・カボチャ200g
・玉ねぎ100g
・出汁200cc
・調整豆乳300cc〜400cc
・塩小さじ1
・胡椒少々
・バター40g
・オリーブオイル大さじ1/2
#京のおだし出汁パック1p
#柚子一味適量

作り方

  1. 鍋にバター・オリーブオイルを入れ火にかける
  2. バターが溶けたら玉ねぎを入れしんなりするまで炒める
  3. 皮をむいたサツマイモとカボチャは薄切りにし玉ねぎとともに炒める
  4. 全体に油が馴染んだら出汁を入れ蓋をして蒸し煮にする
  5. 火が通ればハンドブレンダーかミキサーで撹拌する
  6. 豆乳と合わせ、塩胡椒で調味し仕上げに柚子一味をふり完成

  • ▷ポイント
  • ・芋類の代わりにマッシュルームなどのきのこ類でも応用できます

  • ページトップへ

    このレシピに使う商品

    舞妓はんひぃ〜ひぃ〜一味

    【中辛】
    甘み、香りともに際立った実生柚子と、国産本鷹唐辛子をブレンドしています。
    実生柚子は、接ぎ木ではなく、種から年月をかけて育った柚子木に実る柚子です。
    ビタミンCなどの栄養価も高く、何より香りが別格です。
    お醤油やポン酢といった和風の調味料と相性が良く、湯豆腐や水炊きなどにも最適です。

    京のおだし

    国産のかつお節、昆布、いわし節、さば節を使用した、京風だしパックです
    京都のおだしは、醤油を使わないので、さらりと澄んでいて、かつおや昆布の旨みがしっかり味わえます。
    下味付きで、使いやすい出汁パック式。お鍋の水に入れて沸騰させるだけなので、面倒な下ごしらえはいりません。
    おうどん、お鍋、煮もの、炊き込みご飯など、「京のおだし」だけで、和食の味が決まります。

    ページトップへ
     \他のレシピもご覧ください♪/

    春のレシピはこちら 夏のレシピはこちら 秋のレシピはこちら 冬のレシピはこちら

    >> 秋のレシピ一覧へ戻る

    ページトップへ