ホーム 冬のレシピ 鱈と豆腐とチーズの激辛キムチ鍋

冬のレシピ 8

鱈と豆腐とチーズの激辛キムチ鍋



【材料】

・#京のおだし600ml
・#舞妓はんひぃ〜ひぃ〜らー油小さじ
1〜2
・#舞妓はんひぃ〜ひぃ〜一味適量
・#かしこ味噌小さじ2
・ごま油大さじ1
・千切り生姜4枚分
・白味噌大さじ2
・鱈
・白菜
・白ネギ
・豆腐
・しいたけ 各適量
・チンゲン菜
・えのき
・しめじ
・とろけるチーズ

作り方

     
  1. まず土鍋に野菜と鱈を盛りつけておき、別鍋で出汁を作る
  2.  
  3. 鍋にごま油と生姜を入れ火をつけ、香りが出てきたらかしこ味噌と白味噌を入れ炒める
  4.  
  5. 香りが立ったら出汁を入れ、味噌を溶きほぐす
  6.  
  7. 温めた出汁を①の鍋にそそぎ蓋をして炊き、火が入れば仕上げにチーズとラー油と一味を散らし完成

 
  • ▷ポイント
  •  
  • ・味噌をごま油と生姜と炒めると香ばしさも加わり1ランクアップ

  • ページトップへ

    このレシピに使う商品

    京のおだし

    国産のかつお節、昆布、いわし節、さば節を使用した、京風だしパックです
    京都のおだしは、醤油を使わないので、さらりと澄んでいて、かつおや昆布の旨みがしっかり味わえます。
    下味付きで、使いやすい出汁パック式。お鍋の水に入れて沸騰させるだけなので、面倒な下ごしらえはいりません。
    おうどん、お鍋、煮もの、炊き込みご飯など、「京のおだし」だけで、和食の味が決まります。

    舞妓はんひぃ〜ひぃ〜ラー油

    舞妓はんひぃ〜ひぃ〜一味をたっぷり使用したラー油です。
    たったひとさじだけで驚くほど辛いけど、ラー油の具を噛むほどに旨味が広がりやみつきに。
    「まぜる」「のせる」「つける」「かける」、
    一瓶あると便利な万能調味料です。

    舞妓はんひぃ〜ひぃ〜一味

    純粋に舞妓はんひぃ〜ひぃ〜の辛さを味わって頂けます。
    国産ハバネロと、数種の国産唐辛子をブレンドした、辛い中に旨味を感じる一味唐辛子です。
    市販の唐辛子を、たくさん振りかける方も、これなら一振りで大丈夫!?

    かしこ味噌

    昆布の旨みをきかせた京風のピリ辛味噌。
    キュウリにつけたり、お豆腐にのせたり、野菜とからめて炒めたり、
    基本の調味料が入っていますから、食欲そそる辛味をちょっと足しつつ、
    これひとつで、お料理の味つけ楽々の万能調味料です。

    ページトップへ
     \他のレシピもご覧ください♪/

    春のレシピはこちら 夏のレシピはこちら 秋のレシピはこちら 冬のレシピはこちら

    >> 冬のレシピ一覧へ戻る

    ページトップへ