ホーム 冬のレシピ 小カブラと挽肉の柚子胡椒香るとろみスープ

冬のレシピ 9

小カブラと挽肉の柚子胡椒香るとろみスープ



小カブラと挽肉の柚子胡椒香るとろみスープ 小カブラと挽肉の柚子胡椒香るとろみスープ 小カブラと挽肉の柚子胡椒香るとろみスープ

【材料:2人分】

                                         
・小かぶら1個(小)
・鶏モモ肉の挽肉100g
・玉ねぎ
(みじん切り)
半玉分
・生姜(みじん切り)スライス2枚分
・塩小さじ1/4
・薄口醤油小さじ1
・酒小さじ1/2
・水とき片栗粉大さじ1
・#京のおだし600ml
・#柚子唐がらし小さじ1/3
・#柚子七味適量

作り方

  1. 鍋に京のおだしと生姜と玉ねぎを入れ火をつける。
  2. 沸いたら挽肉をほぐし入れ、小カブラも1cm角のサイコロ状にカットし入れる。
  3. 10分ほどコトコト弱中火くらいで煮込む。
  4. 調味料で味を整え、水とき片栗粉でとろみをつければ完成。

  • ▷ポイント
  • ・胸肉のミンチよりも、もも肉のミンチの方がコクが出るのであっさりしたカブラと相性は抜群!
  • ・鶏肉の代わりに豚ばら肉で作ってご飯にかけて丼にするのもオススメ。
ページトップへ

このレシピに使う商品

京のおだし

国産のかつお節、昆布、いわし節、さば節を使用した、京風だしパックです
京都のおだしは、醤油を使わないので、さらりと澄んでいて、かつおや昆布の旨みがしっかり味わえます。
下味付きで、使いやすい出汁パック式。お鍋の水に入れて沸騰させるだけなので、面倒な下ごしらえはいりません。
おうどん、お鍋、煮もの、炊き込みご飯など、「京のおだし」だけで、和食の味が決まります。

ゆず唐がらし

九州名産の薬味「柚子胡椒」を、京都らしくアレンジしました。
塩で練り込み熟成させた国産柚子皮と唐辛子に、昆布の旨みを加えることで
まろやかな口当たりの京都らしい上品な味わいに仕上げました。
定番のお鍋やお味噌汁、から揚げ、煮魚など一度お試し下さい。

柚子と唐辛子の柚子一味

甘み、香りともに際立った実生柚子と、国産本鷹唐辛子をブレンドしています。 ビタミンCなどの栄養価も高く、何より香りが別格です。 お醤油やポン酢といった和風の調味料と相性が良く、湯豆腐や水炊きなどにも最適です

ページトップへ
 \他のレシピもご覧ください♪/

春のレシピはこちら 夏のレシピはこちら 秋のレシピはこちら 冬のレシピはこちら

>> 冬のレシピ一覧へ戻る

ページトップへ