“辛くない”トウガラシの仲間をご紹介

トウガラシの仲間

トウガラシの辛味の元であるカプサイシン。そのカプサイシンは劣性遺伝であるようで、辛味を持たないトウガラシの仲間が、ピーマンやパプリカなどと呼ばれる品種になります。その境目はほとんどないと言ってよさそうなのですが、“辛くない”トウガラシの仲間をご紹介します。

  • ピーマン

    ピーマンはナス科の植物。ピーマンはビタミンA、C、Eが豊富で、ビタミンCはレモンの2倍程度。苦味は熱を加えることで和らぎ、ピーマンのビタミンは熱に強いため、健康野菜としても注目されています。

  • カラーピーマン

    一般的なピーマンはグリーンですが、それは成熟前に採取しているから。成熟させると品種により赤や黄、オレンジ色などのカラーピーマンになります。成熟することでビタミンなどの栄養価も向上、βカロテンなども多く含まれます。

  • ジャンボピーマン

    品種改良などで作られた長いベル型のピーマンで、苦味が少なく、特に赤・黄・オレンジなどの暖色系のものは甘みがあるのが特徴です。オランダ・メキシコで多く作られるほか、国内では高知県で多く生産されています。

  • トマトピーマン

    少し扁平した形で、名前の通りトマトのような形をしたピーマンです。比較的糖度が高いために甘みが強く、サラダでおいしく食べられます。

  • パプリカ

    きれいなベル型をしたピーマンで、果肉が分厚く果汁も豊富で、甘みが強いパプリカ。ハンガリーが作り育てた品種で、今も多くを産している。日本では宮城や熊本などが多くを生産しています。

prev next back
ページトップへ