春のレシピ 11 納豆と辣肉味噌のレタス包み

ホーム レシピ 春のレシピ  > 納豆と辣肉味噌のレタス包み

春のレシピ 11

納豆と辣肉味噌のレタス包み

『辛味肉味噌とパクチーの混ぜご飯目玉焼きのせ』でご紹介した常備菜の肉味噌を使って、
レタス包みにアレンジしました!

納豆を入れて炒めると、納豆臭さがなくなるので、苦手な方も食べやすいですよ。
肉味噌も、納豆と合わせることでボリュームアップ!^^

納豆と辣肉味噌のレタス包み 納豆と辣肉味噌のレタス包み2 納豆と辣肉味噌のレタス包み3

材 料

肉味噌  »»作り方各適量
納豆
レタス
白ネギ
パクチー
ごま油
#京の黒七味
#京の山椒
#京らー油ふりかけ
#京の柚子唐がらし

作り方

  1. フライパンにごま油をひき、まぜずにパックから取り出した納豆を投入。
  2. 少し香ばしくなったら肉味噌を入れ炒める。この時もあまり混ぜ過ぎないように。
  3. レタスは冷水にさらしてパリッとさせておき、お好みの薬味と一緒に巻いて食べる。

このレシピに使う商品

黒七味

おちゃのこさいさいの黒七味は、薫る朝倉山椒に、深煎りした芳ばしい焙煎唐辛子を合わせています
辛さは比較的やわらかく、おうどん、お味噌汁などの風味づけとして、愉しんでいただけます。
他にも、黒七味の芳ばしさは、焼き魚やステーキ等の焼き物、炒め物とも相性が良いです。

朝倉山椒缶入り

山椒の中でも特に香り高い「朝倉山椒」の粉山椒です。
石臼でじっくりと挽くことで、食感のざらつきがなく、風味が長く続きます。
うなぎの蒲焼きはもちろん、焼き魚や、脂っこいお肉料理にかけていただくと、すっきりと召し上がれます。
※光で茶色く焼けてしまうのを防ぐため、容器にアルミの缶を使用し、光を遮断しています。

京野菜「九条ねぎ」と、食欲をそそる胡麻油が芳ばしい「京らー油」を、
たっぷりと染み込ませた胡麻ふりかけです。
白いご飯にはもちろん、サラダのトッピングに、冷奴に、野菜炒めに、焼肉にも◎。
ジップが付いているので、保存やお弁当の持ち運びにも便利です。
卵焼きに入れて焼くと、お弁当のご飯が進むおかずが出来上がりますよ。

ゆず唐がらし

九州名産の薬味「柚子胡椒」を、京都らしくアレンジしました。
塩で練り込み熟成させた国産柚子皮と唐辛子に、昆布の旨みを加えることで
まろやかな口当たりの京都らしい上品な味わいに仕上げました。
定番のお鍋やお味噌汁、から揚げ、煮魚など一度お試し下さい。

ページトップへ
 \他のレシピもご覧ください♪/

春のレシピはこちら 夏のレシピはこちら 秋のレシピはこちら 冬のレシピはこちら

>> 春のレシピ一覧へ戻る

ページトップへ