• おちゃのこさいさいTOP
  • 一味七味の商品一覧
  • おちゃのこさいさい店舗のご案内
  • 季節の料理レシピ
  • お届けについて
  • 七味とうがらしの話し

まぐろのおだし

まぐろのおだしの特徴1、さらりとした旨み

お料理の中で、おだし自体の主張が強くなく、主役である食材本来の味を引き立たせてくれます。
特に「和食」は、野菜のにがみや、白身魚のたんぱくな甘みをも感じる、繊細な味付けが魅力です。
さらりと品のある「まぐろのおだし」は、そんな「和食」の魅力を引き立て、優しく深みのあるお料理に仕上げてくれます。
よって、旬の食材を味わうお料理や、ちょっと贅沢なお祝いごとのお料理などに、活躍いたします。

まぐろのおだしの特徴2、えぐみがありません

「まぐろのおだし」の原料には、脂身の少ない、キハダマグロを使用しています。
また節に加工する際、血合いを取り除くので、魚のえぐみが全くありません。
のど越しも“さらり”としているので、取ったおだしを、そのままお吸いものとして、味わっていただけます。
よって、お魚の苦手な方でも、お召し上がり頂けるおだしになっています。

まぐろのおだしの特徴3、野菜の風味を引き立てる

まぐろのおだしは、特に野菜と相性がよく、煮ものやお浸しにもお使いいただけます。
特にこれからの季節は、「春野菜」のお料理におすすめです。
春野菜は、濃い味付けをすると、本来の良さが隠れてしまいます。
「まぐろのおだし」で炊くことで、春野菜の甘みやにがみ、柔らかさ、香り、を存分に味わって頂けます。
「まぐろのおだし」で旬の食材をより美味しくお召し上がりください。

まぐろのおだしを使った料理

おだしの取り方3ステップを紹介 簡単3ステップ、すぐに使える京風おだし。
水と鍋を用意
お鍋にだしパック1包と必要量の水を入れます。
火にかけて
沸騰したら中火にして約3分煮出します。
取り出す
お箸でだしパックを取り出せば、京風おだしの完成!
※「京のおだし」は500cc、「まぐろのおだし」は400cc。

料理に合わせてお好みで味を調整、万能だしとして活躍します!

国産素材の本格京風だしシリーズはこちら

▼その他の「京の一味・七味」はこちら

京の一味リンクバナー

京の七味リンクバナー

舞妓はんひぃ〜ひぃ〜

ページトップへ